ありがとうございます!令和初の黄綬褒章 受賞!!!!


当店 店主、新貝晃一郎が、名誉ある 黄綬褒章を受賞しました!!!!

ありがとうございます!

(o^∀^o)(o^∀^o)(o^∀^o)

 

 

5/20掲載 産経新聞様より抜粋

「角作り」技術考案 業界に貢献

静岡市清水区に店を構える88年の老舗「新貝ふとん店」の3代目にして、布団作り一筋30年以上になる。

50代にして、布団の角の先の先までしっかりと綿を入れる「角作り」の技術を考案し発展させた業界の功労者であり「隅の隅まで気を使うのが職人の心意気です」と胸を張る。

 

受賞の知らせには「1枚1枚こつこつと布団を作り続けてきたことが認められ、光栄です」と実直そうな顔をほころばせた。

 

目の前で実演製作してくれた手作りの座布団は、四つの角がピンと鋭く尖り、盛り上がった中央部は ふわふわ。

腰を下ろせば、ふっくらと柔らかいのに下半身をしっかり包み込んで支えてくれる。ちょっと座っただけでも、量産品との違いは明らかだった。

 

 

原材料の仕入れから、自宅工場での製綿、布地の縫製、綿入れ、仕上げ、顧客への納品まで、全過程を1人で行う。このため、布団作りには膨大な手間と時間がかかり、丸1日作業場にこもっても3~4枚を仕上げるのが精いっぱい。

平成29年度に「現代の名工」に選ばれたこともあって、同店には全国各地から注文が殺到しており、今のところ納品まで3~4ヶ月待ちという忙しさだ。

 

そんな多忙な本業の合間を縫って、後進の育成にも力を注いでいる。「角作り」の技法を突き詰めた一流職人として、技の伝承は自らの役割と心得ており「業界全体で知恵を出し合って新しい技術を研究し、後世に伝授していきたい」と意気込む。

 

職人とは「1品に魂を吹き込む人」。

1枚1枚に語りかけながら製作しているので、納品のたびに娘を送り出すような気持ちになるという。

「布団は1年365日、1日7~8時間使ってもらえる。こんな道具はほかにない。人間が生涯で1番長く使う道具です」

 

手作り布団に寝そべった顧客は、例外なくほっこりした笑顔になる。その笑顔をみるために、来る日も来る日も綿や生地と格闘している。

 

 

「今日は完璧と思っても明日にはその上を目指すべく、毎日試行錯誤しています。生涯を通して技術を究めたい。死ぬまで修行です」と、さらなる高みを目指して精進を続ける。

 

.。*゜+.*.。☆゜+..。*゜+。.゜☆.。*゜+.*.。.

只今、当店では、お客様大感謝セール中!!!

和のぬくもり 静岡遠州綿紬フェアも開催中です♪

 

フェアの為に、綿紬工房さんより 色柄いろいろの素敵な綿紬を仕入れてきました!!!!

素敵です(´。✪ω✪。`)✧*。

 

5/31 までのセール期間を→

今回、黄綬褒章受賞 記念SALEとして セール期間を1ヶ月伸ばしましたー!!!!

6/30まで お客様様大感謝セールですので、ぜひお近くに来られた際は、ふらりと お寄りくださいませ♪♪

(๑´ㅂ`๑)♡*.+゜

お待ち致しております♪

 

 

 

 

 

こだわり天然素材と 匠の技の店

綿匠 新貝ふとん店

営業時間 AM 9:00~ PM 8:00 

054-369-0350